1. クミタス記事
  2. クミタス記事詳細

読み物

小児の急性肝炎について

2022.08.05

投稿者
クミタス

世界保健機関(WHO)によると、小児の急性肝炎について2022年7月8日時点で35カ国で1,010例の報告があり、2022年7月4日時点での英国からの報告では、274人患者のうち258人が検査をされ170例(66%)でアデノウイルスが検出されています。
 
欧米で報告されている小児の原因不明の重篤な急性肝炎の発生を踏まえ、事務連絡「欧州及び米国における小児の原因不明の急性肝炎の発生について(協力依頼)」(令和4年4月27日付厚生労働省健康局結核感染症課事務連絡)が発出され、これまでに暫定症例定義の「可能性例」に該当する症例が、2021年10月1日〜 2022年7月21日10時までに79例報告され、うちアデノウイルスのPCR検査の結果が陽性であった事例は7例、新型コロナのPCR検査の結果が陽性であった事例は7例と報告されています。
 
また、国立感染症研究所の分析結果によると、2021年10月1日〜2022年6月23日時点での、国内の入院症例62例について、34例は男性、28例は女性、年齢の中央値は5歳、死亡例や肝移植に至った事例はなかったとみられています。
 
 
・世界保健機関(WHO). Disease Outbreak News. Multi-Country - Severe acute hepatitis of unknown aetiology in children. 12 July 2022 (2022/07/12) https://www.who.int/emergencies/disease-outbreak-news/item/2022-DON400
 
・世界保健機関(WHO). World Hepatitis Summit 2022 urges action to eliminate viral hepatitis as unexplained hepatitis cases in children rise globally
https://www.who.int/news/item/07-06-2022-world-hepatitis-summit-2022-urges-action-to-eliminate-viral-hepatitis-as-unexplained-hepatitis-cases-in-children-rise-globally  (2022/06/07)
 
・英国健康安全保障庁(UKHSA)Investigation into acute hepatitis of unknown aetiology in children in England Technical briefing 4 https://assets.publishing.service.gov.uk/government/uploads/system/uploads/attachment_data/file/1094573/acute-hepatitis-technical-briefing-4.pdf  (2022/07/26)
 
・厚生労働省 事務連絡「欧州及び米国における小児の原因不明の急性肝炎の発生について(協力依頼)」(令和4年5月13日改訂)
(自治体宛) https://www.mhlw.go.jp/content/000938544.pdf
(日本医師会宛)https://www.mhlw.go.jp/content/000938545.pdf
 
・厚生労働省 小児の原因不明の急性肝炎について(令和4年7月22日報道発表)https://www.mhlw.go.jp/content/000967438.pdf
 
・国立感染症研究所 国内における小児の原因不明の急性肝炎について(第1報) 2022年6月23日時点 (掲載日 2022年6月30日、一部訂正 2022年7月6日) https://www.niid.go.jp/niid/ja/jissekijpn/11255-fetp-3.html

出典:感染症 厚生労働省

    {genreName}

      {topics}