1. クミタス記事
  2. クミタス記事詳細

読み物

軟膏、クリーム基材の特徴

2023.02.01

投稿者
クミタス

白色ワセリン
保護、水分喪失を防ぐ。吸水性が低く滲出液の吸収、保持能は低い
添加製剤例:キンダベート軟膏0.05%、リンデロンーV軟膏0.12%

白色軟膏
白色ワセリンに界面活性剤(ソルビタンセスキオレイン酸エステル)とミツロウが加えられたもので、吸水性が高く、白色ワセリンよりやわらかい。
添加製剤例:亜鉛華軟膏

プラスチベース
ワセリン類似の油脂性の軟膏基剤で、炭化水素類に加えポリエチレン樹脂が添加されており、ワセリンよりやわらかく伸びがよく塗りやすい。融点が高いので、季節による硬さ、やわらかさの変化も比較的少ない。
添加製剤例:プレオS軟膏5mg/g

ミツロウ
パルチミン酸ミリシルとミリシルアルコールのエステルで、体温で軟化。
添加製剤例:サトウザルベ軟膏10%、20%

親水クリーム
含有水分の蒸発により、皮膚を冷却し消炎及び止痒効果をもたらします。乾燥性皮疹に有用ですが、湿潤型のものでは皮膚分泌物との混和性及び皮膚浸透性が大きく、分泌物の再吸収により、ときに症状の悪化をきたすことがあります。
添加製剤例:マイザークリーム0.05%、ロコイドクリーム0.1%

    {genreName}

      {topics}