1. クミタス記事
  2. クミタス記事詳細

読み物

きのこによる反応例から②

2021.08.25

投稿者
クミタス

キノコによるアレルギーについては
きのこによる反応例から~キクラゲ、エノキタケ
https://www.kumitasu.com/contents/hyoji/3316
でも掲載していますが、ほかにも以下でのアレルギー例も見られています。
・しめじ(タンバシメジ、ブナシメジ)
・椎茸、しめじ、えのき茸、マッシュルーム
・舞茸
・椎茸
上記はそれぞれ別の方(女性/アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎などのアトピー歴あり)で発症しており、症状としては
両目の膨張
鼻汁
頭皮の熱感とかゆみを伴う皮疹
蕁麻疹
腹痛
呼吸苦
など全身症状を含む様々な症状が、煮物など加熱調理された状態での摂食下でみられています(出典・参照:八木田隼啓 足立厚子 梅村薫 竹内千尋 増田泰之 高井佳恵 森山 達哉 兵庫県立加古川医療センター皮膚科(主任:足立厚子部長) キノコアレルギーの4例)。

きのこによる反応については、加熱不十分の状態下での摂食などが原因となり皮膚症状などが出現することがあるしいたけ皮膚炎
しいたけ皮膚炎とは?
https://www.kumitasu.com/contents/hyoji/1460
きのこ胞子を吸引することで慢性的な咳、発熱、息切れ、喘息症状、過敏性肺炎を生じることもあります。マッシュルームについては金属であるニッケル、クロムを比較的多く含む特徴もありますが、各きのこのアレルゲンも含め、今後もアップデートをしていきたいと思います。

きのこによる反応①
https://www.kumitasu.com/contents/hyoji/1752

COMMENT COMMENT

    {genreName}

      {topics}