1. クミタス記事
  2. クミタス記事詳細

読み物

ポリエチレングリコール(PEG)について

2021.02.18

投稿者
クミタス

製造販売元:ファイザー株式会社の新型コロナワクチン「コミナティ筋注」の添加剤に使用されている物質の1つであるポリエチレングリコール(polyethylene glycol;PEG)はタンパクの生体内安定性を向上させることが知られていますが、図らずもPEG がタンパクに結合することによって PEG に対する免疫応答が惹起されることがあると考えられています。
新型コロナワクチン(コミナティ)について
https://www.kumitasu.com/contents/hyoji/4168

ポリエチレングリコールによるアレルギーについては、
マクロゴールによるアレルギー
https://www.kumitasu.com/contents/hyoji/3330
でも掲載していますが、アレルギー性疾患治療剤のアレロック(アレロック錠5、アレロック顆粒0.5%)にも使用されており、ほかにも座薬、また安定や保湿目的で化粧品などにも使用されています。
化粧品に含まれているPEGにおいては、経表皮水分消失(TEWL)を増加させ、角質バリア機能を傷害している可能性があり、透過したPEGがPEGに対する免疫反応を誘導している可能性が考えられています。

COMMENT COMMENT

    {genreName}

      {topics}