1. クミタス記事
  2. クミタス記事詳細

読み物

アレロック錠とアテレック錠が間違えられるケース

2020.05.18

投稿者
クミタス

名称が似ていることが原因となり、調剤時、処方時、薬の準備・投与時に薬剤取り違えが起こることがあります。
アレルギー性疾患治療剤としてご存知の方も多いアレロック錠を服用することになっている患者さんに、持続性Ca拮抗降圧剤のアテレック錠が取り違えられたケースはいままでにも複数発生しており、2019年11月14日時点で、2009年1月~2018年12月の間に調剤での両剤(アレロック錠⇒アテレック錠、アテレック錠⇒アレロック錠)の取り違え事例が、計52件報告されています。

アレロック錠とアテレック錠の取り違えにおいては、患者さんが薬剤のシートの色が異なると指摘したことで発覚した例、また服用した後に気付き発覚した例もあります。
お渡しまでの確認で取り違えを防ぐことがありますが、患者さんにおいても薬剤の受取り時に確認できると良いかもしれません。

アレロックとアテレックとの販売名類似による取り違え注意のお願い
https://www.pmda.go.jp/files/000232847.pdf

COMMENT COMMENT

    {genreName}

      {topics}