1. クミタス記事
  2. クミタス記事詳細

読み物

人気記事

カイエンペッパー、チリペッパー、チリパウダー、レッドペッパーの違い

2015.08.09

投稿者
クミタス

カイエンペッパー、チリペッパー、チリパウダー、レッドペッパー。名称は異なりますが、内容に違いはあるのでしょうか?



 

赤唐辛子のみが原料


・チリペッパー
乾燥した赤唐辛子のみを使用。粉末ですが、商品によって粒の大きさに違いがあります。
多くは複数産地や品種のブレンド粉末になります。

・カイエンペッパー(Cayenne pepper)
カイエンヌペッパー、カエンペッパーとも呼ばれますが、チリペッパーと呼ばれることもあります。
本来、カイエンヌペッパーは、南米のフランス領ギアナの県都カイエンヌを原産地とした、赤唐辛子の中でも辛味が強いカイエン種の唐辛子を粉末にしたものになりますが、実際はその限りではなく、各地域のカイエン種のカイエンペッパー、またカイエン種でない赤唐辛子のブレンドの場合もあります。
辛味の強さでは、カイエン種のカイエンペッパーは辛さが10万~12万5000スコヴィルで、4万~5万スコヴィルのチリペッパーの2倍ほど強くなり、カイエン種のカイエンペッパーはチリペッパーより辛いものになります。

ちなみに最も辛くない唐辛子の品種は、「サンタフェ・グランデ・ペッパー」で500~700スコヴィル、最も辛い部類の品種は「トリニダード・スコーピオン・ブッチ・テイラー」で146万3,700スコヴィル、「キャロライナ・リーパー」156万9300~220万スコヴィルになり、「ブート・ジョロキア」は100万1,304スコヴィル、「ハバネロ」は30万スコヴィル前後、「ハラペーニョ」は2,500~8,000スコヴィルほど、国産で最も辛い品種は「能鷹」でカイエンぺッパーと同程度になります。
辛さなどにこだわりがなければ、カイエンペッパーはチリペッパーで代用できます。

・レッドペッパー
乾燥した赤唐辛子に、焙煎した赤唐辛子もブレンドしています。香ばしい香りがあり、油に溶けやすい面があります。

上記は粉末の赤唐辛子になります。料理に赤い色を付けたくない場合は、輪切など固形の赤唐辛子を使用しましょう。

赤唐辛子以外も原料


・チリパウダー
唐辛子を主体に、クミン、オレガノ、ガーリック、パプリカなどのスパイスやハーブをブレンドしたミックススパイスになります。
そのためチリペッパーとは異なるものですが、中にはチリペッパーをチリパウダーの名称で販売している商品もありますので、原材料表示は確認しましょう。

COMMENT COMMENT

    {genreName}

      {topics}