1. クミタス記事
  2. クミタス記事詳細

読み物

体温の上昇

2021.06.07

投稿者
クミタス

低体温や冷えと関連があるとされている症状に、肩こり、耳鳴り、めまい、下痢、便秘、腰の重さ、頭痛、精神的不調、冷えの実感、むくみ、疲労感,日中の眠気、目覚めの悪さ、寝つきの悪さが挙げられます。

体温は
・皮膚血管拡張
・皮膚血流量増加(心拍数増加、血流分配変化)
などにより上昇し、体格(体表面積、容積、体脂肪率)、有酸素運動能、暑熱順化、性別、水分補給状況、健康状態、使用薬剤、発汗能力、日内変動などによっても体温に影響します。

一過性の体温上昇においては、入浴、ストレッチ運動の実施により深部体温の上昇、温スープなど温かい食事により一時的に鼓膜温、足先温が上昇し、深部・末梢温度に変化をもたらすとも見られています。

また体温調節においては、自律神経系による影響も挙げられます。

COMMENT COMMENT

    {genreName}

      {topics}