1. クミタス記事
  2. クミタス記事詳細

読み物

プラタナスのアレルゲン

2021.05.13

投稿者
クミタス

スズカケノキ(Platanus orientalis(Oriental plane tree))、アメリカスズカケノキ(Platanus occidentalis(American plane tree))、モミジバスズカケノキ(Platanus acerifolia(London plane tree))ともスズカケノキ科スズカケノキ属に属する落葉広葉樹で、モミジバスズカケノキは、スズカケノキとアメリカスズカケノキとの交配種になります。プラタナスはスズカケノキ科スズカケノキ属に属する植物の総称でもありますが、国内でも街路樹として見かける機会のあるモミジバスズカケノキをプラタナスと称していることがあります。
スズカケノキ、モミジバスズカケノキ、アメリカスズカケノキ花粉の飛散は春の時期に多くみられ、スズカケノキの葉はアメリカスズカケノキ、モミジバスズカケノキと比べ、切れ込みが深い傾向があります。
主なアレルゲンとして以下報告があります。

スズカケノキ(Platanus orientalis(Oriental plane tree))の主なアレルゲン
・Pla or 1
18 kDa
・Pla or 2
42 kDa
・Pla or 3
11 kDa

モミジバスズカケノキ(Platanus acerifolia(London plane tree))の主なアレルゲン
・Pla a 1
18 kDa
・Pla a 2
43 kDa
・Pla a 3
10 kDa
モミジバスズカケノキ(Platanus acerifolia(London plane tree))花粉のアレルゲンとカバノキ科(ヘーゼルナッツ)、バラ科(リンゴ)、レタス、トウモロコシ、豆科(ピーナッツ、ヒヨコ豆)中のアレルゲンとの共通抗原性が示唆されています。
花粉による症状出現など含め、今後もまた掲載していきたいと思います。


出典・参照:E Enrique 1, A Cisteró-Bahíma, B Bartolomé, R Alonso, M M San Miguel-Moncín, J Bartra, A Martínez  Allergy 2002: 57: 351–356 Printed in UK   Platanus acerifolia pollinosis and food allergy 

COMMENT COMMENT

    {genreName}

      {topics}