1. クミタス記事
  2. クミタス記事詳細

読み物

人気記事

クッキーとビスケット、クラッカー、ビスキュイ、ショートブレッド、サブレの原料の違い

2015.06.06

投稿者
クミタス

表示を見ていると、これはクッキーだと思うけれどビスケットなの? など、違いが分かりにくいものもあるかと思います。
 

国により異なるクッキーとビスケットの解釈


アメリカでは、イギリスでビスケットとされるものも含めてクッキーになり、イギリスではアメリカでクッキーとされるものも含めてビスケットになります。
イギリスのビスケット、アメリカのクッキーは、フランスではサブレに該当します。
そして、アメリカでビスケットとは、イギリスや日本でスコーンとされているものになります。

日本では「ビスケット類の表示に関する公正競争規約及び同施行規則」によると、「ビスケット類」の中にビスケット、クラッカー、カットパン、パイ並びにこれらの加工品、クッキーがあり、ビスケットは「小麦粉、糖類、食用油脂及び食塩を原料とし、必要により澱粉、乳製品、卵製品、膨脹剤、食品添加物等の原材料を配合し、又は添加したものを混合機、成型機及びビスケットオーブンを使用して製造した食品」という一解釈が成されています(公正競争規約になり消費者庁長官及び公正取引委員会が認定したものですが、事業者団体による自主的なルールのため、規約に参加していない事業者には適用されません)。
クラッカーは上記ビスケットの定義に加え、必要により、イースト、酵素も配合成分に、カットパンはイーストも原料に加えられています。

クッキーは、ビスケットの中で「手づくり風」の外観を有し、糖分、脂肪分の合計が重量百分比で40%以上のもので、嗜好に応じ卵、乳製品、ナッツ、乾果、蜂蜜等により製品の特徴づけをおこなって風味よく焼きあげたもの、その他、全国ビスケット公正取引協議会の承認を得た場合に該当する、となっています。

つまり日本で一般的にビスケットとされるものとクッキーとされるものの原料には大きな違いはなく、配分に違いがあり、卵、乳、小麦は商品によって使用有無が変わります(使用する小麦の種類は異なり、一般的なビスケットは比較的グルテンが多い中力粉、クッキーは薄力粉を使用します)。

またソフトクッキーとクッキーは、材料の分量、焼く際の加熱温度と時間等に違いがあり、原材料自体に大きな違いはありません(加工食品の中にはソフトクッキーの生地にあんを練り込まれているものもあります)。

卵を使用しない焼菓子は?


スコットランドの伝統的な焼菓子、ショートブレッドは、基本的に卵を使用せず、小麦粉、砂糖、バター、塩が原料になります。

クラッカーは卵を使用しないでも作れる焼菓子ですが、卵を使用している商品もありますので、確認のうえ喫食ください。

スコーンも卵を使用しないでも作れる焼菓子ですが、卵を使用している商品もありますので、確認のうえ喫食ください。
 

乳を使用しない焼菓子は?


メレンゲを活かした食感のフランスの焼菓子、ビスキュイは、卵黄、卵白、砂糖、薄力粉を原料にしており、基本的にバターや乳は原料に使用せずに作れるお菓子になります。

ビスキュイの食感にアーモンド風味が加わったダックワーズも、サンドするクリームに乳を使わなければ、基本的に生地の部分は乳を使用しなくても作れます。

ただ、加工商品の中には、乳を含むものも多くありますので、確認のうえ喫食ください。写真の商品は乳を含むものになります。
 

COMMENT COMMENT

    {genreName}

      {topics}