1. クミタス記事
  2. クミタス記事詳細

読み物

人気記事

学校給食における卵、乳の使用頻度例

2019.12.19

投稿者
クミタス

学校給食の内容や充実度は地域、学校により異なりますが、給食中の卵、乳の使用頻度の1例が伺える報告があります。

ある市での1年間の給食198食のうち、
〇卵
・マヨネーズ・ドレッシングを省いた、卵の使用回数は43食(月平均は3.9食)
1食中で卵の使用量が多かったメニューは厚焼き玉子(45g)で、卵を40g以上使用したメニューは3つあった。
加熱程度が低いとみられるメニューの卵スープには、卵が25.5g使用されていた。
〇乳
・乳の使用回数は79食(月平均は7.2食)。
1食に含まれる乳タンパク量は、76食は3.3g未満、中央値は2.2gであり、3食は5g以上6g未満。
最大量である5.9g使用のメニューはポタージュ、スライスチーズ、パンであった。

卵は酢の物、浸し物では使用頻度は低いものの、学校給食の汁物、焼き物、炒め物、煮物などでも使用される頻度は比較的高く、上記とは別の調査になりますが、汁物メニュー中40%ほど、焼き物、炒め物メニュー中30%超、煮物メニュー中20%超使用されていたとの結果も見られています。
上記はあくまで1報告例で、地域や季節によっても違いはあるかと思いますが、中には意外な食材が使用されている場合もありますので、必要に応じ念のための具材確認ができると良いでしょう。

出典・参照:学校給食における卵、乳の使用量の検討
岐阜市の学校給食における卵と小麦の使用頻度の実態

COMMENT COMMENT

    {genreName}

      {topics}