1. クミタス記事
  2. クミタス記事詳細

読み物

台湾でのアレルギー表示の改訂

2018.10.15

投稿者
クミタス

台湾においては、2015年7月1日からアレルゲン表示が施行されるようになり、
卵、乳(牛乳由来のラクチトール(還元乳糖)は除く)、えび、かに、マンゴー、ピーナッツ
の6品目の義務表示がなされていましたが、
2020年7月1日から、さらに増え11品目の義務表示が施行されるようになります。

新たにアレルギー表示対象となる11品目
・ナッツ
・ゴマ
・グルテンを含む穀物(穀物から製造されたグルコースシロップ、マルトデキストリン、アルコールを除く)
・大豆(大豆から得られた精製度の高い大豆油、トコフェロール、フィトステロール、フィトステロールエステルを除く)
・魚(ビタミンやカロテノイド製剤の基材に使用される魚由来ゼラチンやアルコールの清澄剤に使われる魚由来ゼラチンを除く)
・亜硫酸塩類(最終製品中に二酸化硫黄として10mg/kg以上残留している製品)
・甲殻類
・マンゴー
・落花生
・牛乳、ヤギ乳(牛乳およびヤギ乳由来のラクチトール(還元乳糖)を除く)
・卵

他国の状況もアップデートし、近日まとめて掲載したいと思います。

COMMENT COMMENT

    {genreName}

      {topics}