1. クミタス記事
  2. クミタス記事詳細

読み物

人気記事

大豆飲料と豆乳の違い

2014.10.22

投稿者
クミタス

「豆乳」はJASの規格で、大豆から熱水等により、タンパク質その他成分を溶出させ、繊維質を除去して得られた乳状の飲料とされています。

いわゆる、豆乳がおからを取り除かれたものであるのに対して、大豆をおからの部分も含め製造されたものが大豆飲料になります。

豆乳においても以下分類がなされています。

●無調整豆乳
丸大豆から製造して大豆固形分(水分を除いた大豆の成分)が8.0%以上
大豆たんぱく質含有率3.8%以上
基本的に食品添加物不使用

●調整豆乳
豆乳液(丸大豆、または脱脂大豆(大豆油を抽出した後の大豆)から抽出した液)に糖類、食塩、調味料、植物油などを加えたものは、大豆固形分が6.0%以上
大豆たんぱく質含有率3.0%以上

●豆乳飲料
果汁入りは、大豆固形分が2.0%以上
果汁以外(ココアやコーヒー、牛乳など)を加えたものは、大豆固形分が4.0%以上

●大豆たん白飲料
大豆たん白50%以下の豆乳飲料
 

COMMENT COMMENT

    {genreName}

      {topics}