1. クミタス記事
  2. クミタス記事詳細

読み物

人気記事

ベーキングパウダー、ベーキングソーダ、ドライイーストの意味、違い

2014.07.26

投稿者
クミタス

ベーキングパウダー、ベーキングソーダ、ドライイーストは、

ベーキングパウダー:重曹(炭酸)を含む
ベーキングソーダ:重曹(炭酸)のみ
ドライイースト:酵母
 
のことであり、重曹は加熱や酸性の液体と混ざると、炭酸ナトリウム(炭酸ソーダ)と水と二酸化炭素(炭酸ガス)に分解されます。
重曹を加えると生地が黄色っぽくなったり独特の苦味が出るのが特徴です。

それを抑えるために、重曹に酒石酸、クエン酸、リン酸カルシウムなどの助剤を加えて、少量の重曹で効率よく炭酸が発生するように工夫したものが、ベーキングパウダーになります。
 
重曹からベーキングパウダーを作ることも可能です。
原材料のシンプルなベーキングパウダーを参考にしますと

こだわりのベーキングパウダー 10g×3
原材料:有機濃縮ぶどう果汁、有機コーンスターチ、重曹。

ぶどう果汁の代替:クエン酸、レモン果汁、酢
コーンスターチの代替:片栗粉、サクサク粉


何をつくるかにより代替する材料や量は変わりますが、砂糖、塩でも膨らみを増やしたり、抑えたり調整することができます。

COMMENT COMMENT

    {genreName}

      {topics}