1. クミタス記事
  2. クミタス記事詳細

商品ピックアップ

人気記事

【2019.8.22更新】酸処理をしていない海苔を一部ご紹介

2014.10.05

投稿者
クミタス

海苔網を酸処理剤に漬けるなどの方法で酸処理をした海苔はより酸性に弱い珪藻や青さなどの不着を防ぎ海病気になりにくくなり、色、艶はよくなり、重さも出ると入札額が高くなります。
海苔の養殖は年に5~6回おこなうのが通常で、通常同じ網を使用します。網を酸性液に漬ける酸処理は2番摘み以降におこなう業者さん、まったくおこなわない業者さんもいらっしゃいます。
酸処理剤としてクエン酸やリンゴ酸などの有機酸以外に、一部では水産庁で禁止されているより安価で殺菌力も強い塩酸、硫酸、リン酸などの無機酸が使われ、酸処理後の残液が中和されずに海に投棄されている場合もあるとも言われています。酸処理をおこなうことで、のり自体の安全面にどう影響するかについては、報告文献があまりないところですが、海水の富栄養化、底泥、土壌や生態系への影響において、化学肥料、港や川の造成などの要因と並び懸念する声もあります。

COMMENT COMMENT

    {genreName}

      {topics}