1. クミタス記事
  2. クミタス記事詳細

アレルギーSTORY

食物アレルギーって病気なのかな?

2014.03.20

投稿者
食物アレルギー情報 青森

Author 食物アレルギー情報 青森さん

食物アレルギーの娘がいます。障害関係の仕事をしながら、食物アレルギー情報 青森というコミュニティも運営しています。 

娘が4か月の頃、頬に赤い湿疹が目立つようになりました。
最初は原因が分からず検査の結果、食物アレルギーだとわかりました。
その日から我が家の冷蔵庫の中身が変わりました。

毎日のように食べていた「卵」のトレイは外してしまいました。ここ数年「卵パック」「魚卵」「鮭」は買ったことがありません。
今5歳になりましたが、アレルギー検査の報告書の判定クラスは相変わらず卵白5、卵黄3と高いクラスで変動なし。
幸いアナフィラキシーは殆どなく他のアレルゲンの数値は下がってきており、専門医の元で少量接種を試す所までは来れました。

でもピーナツひとかけらを口にするのを怖がった娘を忘れられません。
「卵」はきっと一生難しいでしょうね。。。

命に関わる事なので、子供には親の確認したもの以外は貰っても食べないよう何度も教えています。
つい最近、娘が、なぜ○○ちゃんだけアレルギーあるの?と質問してきました。返事出来ず、気を付ければ食べられる物は沢山あるからと伝えましたがやはり皆が普通に食べている物を食べられないのは哀しいことでしょうね。

私は障がい関係の仕事をしていますが
障がいにせよ
認知症にせよ
病気にせよ
食物アレルギーにせよ
当事者や家族でなければ、やはり本当の苦労や辛さはわかりません。

そもそもこの症状って病気なんですかね?
素人の私には正式な事はわかりませんが、治療をするということは、病名を付ける事になるのでしょうから仕方ないにせよ、病気の告知をされた方々の想いは察するに余ります。

自分が普通に食べれない、生活出来ないと言われた方々の事を想像できますか?
成長し自我に目覚めるにつれ辛さは増す事でしょう。
嫁は日々工夫して娘の食べれるレパトリーを増やしています。
なにか父親として出来ないかとフェイスブックのコミュニティを利用して情報の場を作ってみました。
まだまだ課題はてんこ盛りですが、皆様の知恵とご苦労がいずれ、大きなうねりとなり活きる根源である「食」が原因で苦しんだり、悩んだりする事が少しでも軽減される事に期待したいと思います。

その末端でこんな素人が何かしら少しでも役立てればいいな。
結果それが、娘が食で苦労しない事に繋がるのだから。「食べれないって大変だね~っ」て言われないで済む世の中に繋がるのだから。

COMMENT COMMENT

    {genreName}

      {topics}