1. クミタス記事
  2. クミタス記事詳細

読み物

妊娠中の合併症と小児の喘鳴、喘息(作成中)

2018.06.12

投稿者
クミタス

妊娠中の母体要因と、その後の児への影響関連性が考えられている因子があり、早産治療薬として使用される塩酸リトドリン(β2−アドレナリン受容体刺激薬)も1つに挙げられます。

妊娠中に子宮収縮抑制剤(塩酸リトドリン)を経静脈的に長期間使用すると 児が5歳になったときの喘息有症率が高いことを示唆する報告もなされていますが、子癇、肥満、糖尿病など関連が考えられる因子があります。
 

COMMENT COMMENT

    {genreName}

      {topics}