1. クミタス記事
  2. クミタス記事詳細

読み物

ヒマワリの種によるアレルギー

2018.01.11

投稿者
クミタス

種実類には堅果を摂食するヘーゼルナッツ、栗など、核果を摂食するアーモンド、クルミ、ペカンナッツなど、種子を摂食するカシューナッツやブラジルナッツなど以外にも、ごま、ココナッツ、松の実、ヒマワリの種、カボチャの種、スイカの種等も含まれます。今回はヒマワリの種によるアレルギーの例についてお送りします。


64歳女性。
ヒマワリの種を含むミックスナッツ(ほかにカボチャの種、カシューナッツ、アーモンド、クコの実、スイカの種、カボチャの種、バナナ、レーズン含有)を摂食し、10分後に咽頭違和感、腹部違和感、眼瞼掻痒が出現し、その後急速に全身に掻痒を伴う膨疹が出現。その後の検査にて特異的IgE抗体反応はヒマワリの種ではクラス2、ヒマワリ花粉、カボチャ、カシューナッツ、アーモンド、スイカ、バナナで陰性、皮膚プリックテストではヒマワリの種で4+、カシューナッツ2+、スイカの種2+、個々に摂食してカシューナッツ、スイカの種にはアレルギー症状を示さなかったことから、ヒマワリの種へのアレルギー反応と見られる。

47歳女性
ヒマワリの種を含むミックスナッツを摂食し、体幹と四肢に紅斑と呼吸困難が出現。その後の検査で特異的IgE抗体反応はピーナッツ、アーモンド、ブラジルナッツ、クルミ、ごま、かぼちゃ、スイカ、クルミ花粉で0、皮膚プリックテストではヒマワリの種3+、カボチャの種、スイカの種、くこの実、カシューナッツ、アーモンド、レーズン、バナナは陰性であった。

ナッツ摂取後のアレルギー症状と、ナッツをすりつぶした液を用いたプリックテストで陽性となり、アレルギーと診断されたナッツアレルギー7例において調べた中では、アレルゲンとなっているのはクルミが最も多く6例、カシューナッツ4例、アーモンド3例、ピーナッツ2例、ピスタチオ、ヒマワリの種、ゴマ、クリが各1例であった、との報告もあります。種実類における交差反応性については十分な裏付けとなるデータが多くはないところですが、今までには限られた研究ではヒマワリの種とマスタードの種において可能性を挙げる意見もあります。

ヒマワリの種を初めて摂食して症状出現した方もいらっしゃっており、摂食した30分後より、全身に蕁麻疹が出現し、その後の検査では特異的IgE抗体は花粉、その他の種実類で陰性、ヒマワリの種での皮膚プリックテストでは陽性反応で、6年ほど前からインコやハムスターを飼育し、咬傷部位の膨脹、掻痒感を自覚していた37歳女性の例など、インコやハムスターに給餌していたヒマワリの種との日常的な接触、咬傷により経皮感作が成立したことによる、ヒマワリの種へのアレルギー発症可能性も示唆されています。

他の種実類に症状が無い場合でも、日常的にヒマワリの種との接触機会があり、手などの傷口に触れる機会がある場合などでは、ヒマワリの種抗原に経皮感作が成立し、摂食した際にアレルギー症状が出現する可能性があることも想定できると望ましいかもしれません。


鳥餌とアレルギー
http://www.kumitasu.com/contents/hyoji/2041


出典・参照:ひまわりの種によるアナフィラキシーの1例
ヒマワリの種による即時型アレルギーの1例
ナッツアレルギーの7例におけるマイクロアレイ法を用いたアレルゲンコンポーネントの検討
CROSS REACTIVITY OF SEED ALLERGENS
http://www.aaaai.org/ask-the-expert/cross-reactivity-seed
ひまわりの種による即時型アレルギーの1例

COMMENT COMMENT

    {genreName}

      {topics}