1. クミタス記事
  2. クミタス記事詳細

読み物

人気記事

果物・野菜アレルギー(OAS、PFAS)

2014.02.21

投稿者
クミタス

花粉症との関係

花粉に感作している方においては、花粉と交差反応性のある果物、野菜にアレルギー反応を示す場合があり、PFAS(花粉関連食物アレルギー症候群)とも呼ばれています。



 

花粉と共通抗原性がある食品


花粉としてよく聞くのは、スギ花粉ですが、それ以外にも花粉は年中飛散しています。

1~4月 ハンノキ
2~5月 スギ・ヒノキ
4~6月 シラカンバ
4~10月 カモガヤ、オオアワガエリ
8~11月 ブタクサ ヨモギ

それぞれの花粉と交差反応性がある食品は以下になります。

■スギ、ヒノキ
交差反応性のある主な食物
・トマト

■ハンノキ
交差反応性のある主な食物
・バラ科(リンゴ、サンザシ、ナシ、モモ、スモモ、プラム、アンズ、ウメ、サクランボ(アメリカンチェリー含む)、アーモンド、イチゴ、ブラックベリー、ラズベリー、ボイセンベリー、ビワ、カリン)
・ヘーゼルナッツ
・マメ科(大豆、ピーナッツ)
・セリ科(ニンジン、パセリ、セロリ、アシタバ、ミツバ、フェンネル、コリアンダー、チャービル)

■シラカンバ
交差反応性のある主な食物
・バラ科(リンゴ、サンザシ、ナシ、モモ、スモモ、プラム、アンズ、ウメ、サクランボ(アメリカンチェリー含む)、アーモンド、イチゴ、ブラックベリー、ラズベリー、ボイセンベリー、ビワ、カリン)
・ヘーゼルナッツ
・マメ科(大豆、ピーナッツ)
・セリ科(ニンジン、パセリ、セロリ、アシタバ、ミツバ、フェンネル、コリアンダー、チャービル)

■イネ科(カモガヤ、オオアワガエリ)
交差反応性のある主な食物
・ウリ科(カボチャ、キュウリ、ゴーヤ、ズッキーニ、トウガン、ハヤトウリ、ヘチマ、スイカ、メロン)
・トマト
・オレンジ
・バナナ
・アボカド

■ブタクサ
交差反応性のある主な食物
・ウリ科(カボチャ、キュウリ、ゴーヤ、ズッキーニ、トウガン、ハヤトウリ、ヘチマ、スイカ、メロン)
・トマト
・オレンジ
・バナナ
・アボカド

■ヨモギ
交差反応性のある主な食物
・ウリ科(カボチャ、キュウリ、ゴーヤ、ズッキーニ、トウガン、ハヤトウリ、ヘチマ、スイカ、メロン)
・セリ科(ニンジン、パセリ、セロリ、アシタバ、ミツバ、フェンネル、コリアンダー、チャービル)
・スパイス
・トマト
・オレンジ
・バナナ
・アボカド

尚、アレルゲンとしては以下が挙げられています。
特異的アレルゲンコンポーネント
■スギ:Cry j 1
■シラカンバ:Bet v 1(PR-10)
ブナ、コナラと交差性がある
■オオアワガエリ:Phl p 1、Phl p 2、Phl p 4、Phl p 5、Phl p 6、Phl p 7、Phl p 11、Phl p 12(プロフィリン)
■ブタクサ:Amb a 1
■ヨモギ:Art v 1

交差反応性
シラカンバ、オオアワガエリ、ブタクサ、ヨモギ:プロフィリン(Phl p 12)、ポルカルシン(Phl p 7)
 

症状とその対応とは?


症状としては、舌がピリピリする、のど・鼻腔が痒い、鼻水が出る、目がかゆい・涙が出る、顔面を中心とした皮膚(顔や首、触った手指)が痒くなる・赤くなる・腫れる、呼吸困難になる、などがあり、口腔を中心とした口腔アレルギー症候群(OAS)の場合、全身性の症状である場合、その両方である場合があります。

花粉症の症状経験があって、野菜、果物を食べて、舌がピリピリする、のど・鼻腔が痒い、鼻水が出る、目がかゆい・涙が出る、などがある場合、意識してみることも大事です。

大人で果物・野菜アレルギーのある方は多くみられていますが、近年では子供における果物・野菜アレルギーにおいて増加傾向にあり、眼が開きづらい程の顔面浮腫、気道が狭くなり呼吸困難を起こす重症例なども見られています。

果物を手に取って食べた場合、手に汁がついた状態になりやすいのですが、その手で目をこすったり、顔を触ったりすると、粘膜や皮膚から成分を吸収しやすくなりますので、摂取後に異変を感じる場合は手もよく洗うようにしましょう。

また果物・野菜へのアレルギー症状においてはラテックスアレルギーもあります。
ラテックスアレルギー
http://www.kumitasu.com/contents/hyoji/%E3%83%A9%E3%83%86%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%82%A2%E3%83%AC%E3%83%AB%E3%82%AE%E3%83%BC/

COMMENT COMMENT

    {genreName}

      {topics}